のしは必要??

Pocket

結婚式祝いにはさまざまなマナーやしきたりがあります。お祝い事だからこそ、相手に失礼のないようにしたいものです。知っているようで意外と知らない、結婚祝いのプレゼントに関するマナーをご紹介します。

結婚祝いにはどんなのしを使用する?書き方は?

結婚祝いのプレゼントなど慶事に贈るものにはのし(熨斗)をつけるのがマナーです。のし(熨斗)は、正式にはのしあわび(熨斗鮑)と言います。本来は、鮑を細く切って慶事などのお祝いの品に添えていた縁起物です。のし紙をつけることで格式が高くなります。結婚祝いには結び切りの一種「あわび結び」を使います。左右の輪がお互いに結び合っていて、両端を持って引くとよりきつく結ばれるためです。蝶結びはすぐにほどけてしまうので、結婚祝いにはマナー違反になります。水引の色はおめでたい紅白、または華やかな金銀でもよいでしょう。水引の本数は5本、または10本です。のしの表書きは、上段の中央には「寿」「祝結婚」「御祝」などと書きます。下段には自分の名前をフルネームで書きましょう。相手の名前を書く必要はありません。夫婦連名にするなら、下段中央に夫の名をフルネームで、その左に妻の名を書きましょう。また、友人や職場の同僚とグループでプレゼントを贈る場合には、3名くらいまでなら表書きの下段にフルネームで全員の名前を記します。それ以上になると、代表者の名前のみフルネームで書き、その左側に「他一同」と記します。プレゼントの中に全員の名前を書いて入れておくのを忘れないようにしましょう。職場の部署で贈る場合は「〇〇会社△△課一同」と下段中央に記します。代表者の名前は必要ありません。

外のしと内のし、どちらが適切?

内のしと外のしの違いをご存知ですか?内のしは、品物に直接のしをかけ、上から包装する方法。外のしとは、包装紙の上からのしをかけることです。結婚祝いなど慶事には外のしの方がふさわしいと言えます。相手にどんな目的で贈ったかが即座に分かるためです。内のしは、包装紙にのし書きが隠れてしまうため主に内祝いに用いられます。