予算はおいくら?

Pocket

昨今は海外でリゾート挙式をする人、身内のみの結婚式を行う人も増えています。挙式は行わず入籍だけで済ませる人も少なくありません。では、結婚式に出席しない場合、または結婚式に呼ばれていない場合、お祝いの品の相場はいくらでしょうか?結婚祝いにはいくら包めば良いのでしょうか?相手によって金額を変えるべきでしょうか?

結婚祝いのプレゼント相場

結婚式や披露宴に参加しない場合、プレゼントの目安は3,000円~20,000円と言われています。金額に開きがあるのは、相手との関係によってプレゼントの相場が変わってくるからです。親しい友人ならば5,000円~1万円の予算が妥当でしょう。それほど親しくない相手なら3,000円くらいのものを贈ると相手に負担をかけずに済むでしょう。上司に贈るなら、個人ではなく部署やグループの連名で贈るケースが多くなりますので、20,000円くらいのプレゼントが良いでしょう。品物を贈る場合には、相手に事前に何が欲しいか聞いておくことをおすすめします。趣味に合わないものや、すでに持っているものをもらうのは、もらう側がかえって困ってしまいます。結婚のお祝いには便利なキッチン用品や家電が人気です。

現金のお祝い相場

お祝いとしてふさわしい金額はいくらなのでしょうか?一般的に結婚式に出席した際のご祝儀の額は3万円といわれます。出席しない場合には、ご祝儀の1/2~1/3が目安になります。ですから、1万円くらいが相場と考えていいでしょう。ですが、これはあくまでも目安にすぎません。もし、相手は自分の結婚式に出席してくれた、というケースであればお返しの意味を込めて3万円送付してもよいでしょう。結婚祝いは基本的に割り切れない奇数の金額で贈るのが良いとされています。偶数は別れる、割れるという言葉を連想させるので避けるべきと言われていますが、2はペアと考える人が増えているので2万円でも問題ないでしょう。また、8は末広がりのおめでたい意味があるので喜ばれます。新札を贈るのがマナーです。