現金を贈る場合には?

Pocket

結婚のお祝いにプレゼントを贈るのもいいですが、趣味に合わなかったり、すでに持っているものを贈ってしまうこともあります。せっかくプレゼントしても喜んでもらえなければ意味がありません。ですから、結婚のお祝いに現金を贈る人が増えています。結婚祝いに現金を贈るときには、どんなことに気をつければよいのでしょうか?現金を贈る際のマナーをご紹介します。

渡し方とタイミング

結婚式に欠席する、あるいは招待されていない場合、結婚祝いは相手の自宅まで伺って手渡しで渡すのがマナーです。それも、大安や先勝などの吉日の午前中に伺うのが良いとされています。ですが、遠方に住んでいたり、忙しかったりして直接伺えないこともあります。そんな時には、現金は現金書留郵便で郵送しましょう。送る時期は、結婚式に招待されたものの欠席する場合には挙式の前に、招待されていない場合は挙式の後に贈るのがマナーです。挙式の前に送るなら1~2ヶ月前に、どんなに遅くても1週間前には郵送してください。ですが、地方によっては郵送でお祝いを送ることが一般的ではないため、事前に周囲の方や送る相手に確認しておくと良いでしょう。地域によってマナーや習慣は違いますから、相手に不快な思いをさせないように配慮したいものです。

ご祝儀袋を使う

現金書留封筒を使うから中身は何でもよい、と思うのは間違いです。せっかくの慶事ですから、くれぐれも失礼のないようにしたいものです。新札をご祝儀袋に入れて、さらにご祝儀袋を現金書留の封筒に入れて送りましょう。ご祝儀袋の表書きには筆ペンで「寿」「御結婚御祝」「御歓び」などと書きます。すでにご祝儀袋に「御結婚祝」などの文字が印刷されているなら、下段中央に自分の名前をフルネームで記入するだけです。裏面には、自分の住所と電話番号を記載しておきましょう。また、メッセージカードなどを同封し、お祝いの言葉と共に、直接手渡せない失礼を詫びる言葉を添えましょう。