プレゼントとしてNGなものと理由を紹介

Pocket

新しい人生のスタートを祝う結婚祝いのプレゼント。ぜひ、相手に喜んでもらえるもの、新生活の役に立つものを贈りましょう。いったいどんなプレゼントを贈ればよいのでしょうか?贈ってはいけないNGプレゼントはあるのでしょうか?

結婚祝いのNGプレゼントは?

結婚祝いのプレゼントには、贈ってはいけないものがあります。その一つが「刃物」です。包丁やナイフ、ハサミなどの刃物は縁が切れることをイメージさせるのでお祝い事にはタブーとされています。また、「消えもの」と言われるもの、つまりすぐになくなるものも縁起が悪いとされています。たとえば、お菓子や入浴剤、洗剤など、使い始めるとあっという間になくなってしまうものはNGとされています。意外なことに「日本茶」もNGギフトです。香典返しなど弔辞に用いられることが多いということが理由となっています。「ハンカチ」は漢字で書くと手巾(てぎれ)と表すので、縁を切ることを連想させるためお祝いのギフトにはふさわしくありません。「1人で使うもの」も結婚祝いには不向きです。ネクタイやコスメ、アクセサリーなど、1人だけで使用するものは2人の記念にはなりません。結婚祝いに贈るなら2人で使えるものが良いでしょう。また、「割れ物」も本来はNGです。食器やグラスなど割れやすいものはギフトとしてふさわしくない、と言われています。とはいっても、これらのギフトはマナーとしてNGとはされていますが、実際には食器やグラスは人気のあるギフトです。相手が欲しいというものならば、マナーを気にせずに送っても良いでしょう。ですが、親族の中にはふるいしきたりを気にする方もおられるかもしれませんので、事前に新郎新婦に贈っても良いか確認しておきましょう。縁起は悪く無いし、マナー違反でもないが避けたいプレゼントもあります。すでに相手が持っている家電、かさばる置物や食器類です。収納に困るもの、置き場所に困るもの、趣味に合わないものなどは、もらう側がかえって迷惑に思うものです。それほど親しくなく、相手の趣味が分からないならば、カタログギフトなどを贈るのも良い方法です。